桜美林大学老年学総合研究所|Institute for Gerontology, J. F. Oberlin University
  • 研究所概要

活動目的

当研究所は、学術的研究機関として桜美林大学大学院老年学研究科の教育と関連して加齢学、発達学、高齢者問題に関する学際的調査研究などを行い、学術および教育の促進を図ることを目的としている。

主な活動

  • 加齢学、発達学、高齢者問題に関する学際的調査研究、および資料の収集
  • 学術会議、講演会、講座等の開催

沿革

2002年 4 月  桜美林大学「加齢・発達研究所」として開設
2015年12月  桜美林大学「老年学総合研究所」に名称変更

研究員等

常勤研究員:大学院老年学研究科教授および研究員 8 名
客員研究員: 3 名
連携研究員: 30名

(2017年7月現在)